phantasm

まったり趣味を満喫するブログ。気になったことを記録していく予定。

2020年おすすめミュージカル

このブログはディズニー関連ブログ Advent Calendar 2019の12月15日の記事です。

adventar.org

ほんとは日帰り香港の話を書こうと思ったんですが、前回のブログ(2019/4)が香港いった話(途中)だったのと、個人的に熱が高まってきたこともあり、ミュージカルの話をしたいと思います!

舞台を見に行こう

FNS歌謡祭では2夜にわたって特集されるほどにメジャーになりつつあるミュージカルですが、なんだか難しそう、気軽にはいけない、なんていまだに言われてしまいます。

この記事を見ている人の中にも、「行きたいけど、きっかけが…」という方もいるかもしれません。

 

ミュージカルを見るのに必要なたった一つのこと、それはタイミングです。

 

推しは推せるときに推せ、舞台は見れるときに見ろ。

 

見にいく理由なんてただ一つ、見たい作品がやっているから。
それだけで十分です。 

 

ミュージカルといえば劇団四季のイメージが強く、いつでもやってるものと思われがちです。

しかし、劇団四季のように年中毎日のように観劇できるのは本当に一握りの作品で、
人気の高い作品であっても、よくて毎年もしくは数年に一度、数週間~数か月の期間だけ再演されるのが通常です。
ミュージカル、そして舞台は実はいつでも見に行けるものではないのです。

 

来年2020年はオリンピックイヤーということもあり(?)、ミュージカル豊作の年といわれたりしています。 

そんな2020年に見ることができる、ディズニーが好きなみなさんにオススメのミュージカルをいくつかご紹介します!

(申し訳ないことに1作品だけ2020年には上演されないものが含まれます)

ディズニーミュージカル作品

ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作する作品群です。

ディズニー・ブロードウェーとしても知られており、美女と野獣からアナと雪の女王まで、アニメーション作品の数々がミュージカル化されてきました。

ディズニーミュージカル作品に共通する魅力としては、やはり親しみ深いストーリーと音楽でしょう。

映画で使用された音楽はもちろんのこと、ミュージカルのために書き下ろされた曲や、映画では使用されなかった曲などが新たに追加されており、何度も映画を見たことがある作品でも、新たな角度から楽しむことができます。  

劇団四季 ディズニーミュージカル

ディズニーミュージカル作品を多数上演する、大人気の劇団四季

ミュージカルといえば劇団四季を思い浮かべる方も多いと思います。

全国に専用劇場をもち、専用劇場以外でも精力的に全国を巡回しているため、タイミングが合えば東京以外の地域でも見ることが可能です。

特に劇団四季に関してはパークのように1年間の公演スケジュールが出ているので、こちらもぜひ参考にしてください。

www.shiki.jp

劇団四季はオリジナルの演目も多数持っていますが、ディズニーとの関係も深く、 以下7つの作品を上演しています。

これらの劇団四季作品から3つを紹介したいと思います。

美女と野獣

※2020年に見ることはできません

www.shiki.jp

2020年春、東京ディズニーランド美女と野獣のテーマエリアが誕生します。
という絶好のタイミングですが、残念なことに2020年の公演予定はありません…

劇団四季でもこういうことがあるので、本当に見たいなと思った作品があれば、絶対に見にいった方がいいです。次がいつになるかわからないので…

 

ただ、美女と野獣については2020年2月に作曲家アラン・メンケンをゲストに迎え、映画版のコンサートが行われます。

リトルマーメイドの時とおなじであれば、ミュージカルオリジナル曲も数曲やってくれるかもしれません。

www.disney.co.jp

ミュージカル版の楽曲で個人的に好きな曲は「我が家」(Home)です。

ベルのソロ曲となっており、ひとつの見せ場にもなっていますが、
実写版においてもベルが野獣の元に残ることを決めた後、自分の部屋に案内された時に流れています。

その他にも「美女と野獣」、「ひとりぼっちの晩餐会」など、慣れ親しんだ音楽と名シーンを舞台ならではの演出で再現しており、見どころ満載の作品となっています。

 

アラジン

www.shiki.jp

汐留(東京都)にある、電通四季劇場 海で公演中です。

劇場のあるカレッタ汐留のイルミネーション(~2020/2/14)も、アラジンがテーマになっていますので、デートなどにもぴったりといえるでしょう。

www.caretta.jp

日本初演から5年を迎えますが、依然として人気は高く、今からチケットを取ろうとしても劇団四季公式では2020年4月までほとんど売り切れてしまっています。

ただし、びゅうプラザや福利厚生・カード会社のチケットセンターを経由すると、もう少し近い日付にまだ空きが残っていることがあります。なので、あきらめずにぜひ問い合わせてみてください。

(ちなみに私は2回ともびゅうプラザで2週間前くらいにチケットを取りました)

 

アニメーションから設定が若干変わっていることもままあるミュージカル版ですが、アラジンの場合は全体的にギャグ成分マシマシで、ジーニーはもちろんのこと、ジャファーとイアーゴもアニメーション版と比べると面白いキャラクターになっています。

また、アニメーション版や実写版にはいない友人3人組やジャスミンの召使3人組が出てきます。(逆にアブーやラジャーはいない)

 

アラジンは全体を通してとても気楽に見れる作品になっているので、一人で行くのはちょっとためらうな…という場合でも、友人や家族を誘いやすいタイトルになっています。 

 

友人3人組の歌う「ハイ・アドベンチャー」や、アラジンの歌う「自慢の息子」はもともとアニメーション版製作中に作成された未使用曲で、こうした追加曲も聞きごたえがあるものとなっています。

また、ミュージカル版における「フレンドライクミー」はアニメーション版よりも長くなっており、舞台を縦横無尽に駆け巡る、ジーニー最大の見せ場となっています。

特に他のディズニー作品ファン(アラン・メンケン音楽が好きな人!)には必聴の聴き応えある1曲なので、ぜひ見てください!!

アナと雪の女王

www.shiki.jp

2018年に開幕したミュージカル版「アナと雪の女王」がいよいよ9月から日本で始まります。

東京・竹芝にできる、新しい劇団四季専用劇場、JR東日本四季劇場 春のこけらおとし公演となっています。

 

音楽はアニメーション版から引き続き、ロペス夫妻が担当しています。

Monsterをはじめ、10曲を超える新曲が追加されています。

www.youtube.com

また、訳詞も日本語吹き替え版と同じ高橋知伽江さんが担当されます。

 

チケットの発売は2020年6月7日から、四季の会会員先行で始まります。

一般発売はその1週間後、2020年6月14日から。

かなり先の話ではありますが、チケットは入手困難になることが予想されますので、どうしても早く見たい場合は四季の会に入会しておくことをおすすめします。

また、アラジンと同様にびゅうプラザ等でも販売がある可能性がありますので、そちらのルートからのチケット購入も検討してみると良いでしょう。

劇団四季以外 ディズニーミュージカル

ディズニーミュージカルといえば劇団四季のイメージが強いですが、実は劇団四季以外で上演されることもあります。

2018年には東宝ホリプロのもとで、メリーポピンズが公演されました。

ニュージー

www.tohostage.com

2020年見たい作品No1!!!!

 

超待望、あのNewsiesがとうとう日本上陸です。

 

あらすじはwikipediaをみてもらうとして。

 

オリジナルの映画は1992年のミュージカル映画

ハイスクール・ミュージカルやディセンダントのケニー・オルテガが監督を務め、リトル・マーメイドなどディズニーを代表する作曲家アラン・メンケンが音楽を担当していました。

実は映画としては興行収入は約282万ドルで、1500万ドルの製作費に全然足りなかったという大失敗。ウォルト・ディズニー・スタジオでも最低の記録になったとも…この豪華タッグでそんなことって…あるんですね…

つまらない作品などでは決してなく、ミュージカル版はトニー賞8部門にノミネートされる実力です。

(そもそも監督ケニー・オルテガ&音楽アラン・メンケンなんてそれだけで最高の作品といえると思います)

 

もちろんミュージカル版の音楽もアラン・メンケンです。
この時点でもう見るしかない。見ないという選択肢はなく、むしろ何回見にいくかという話。

 

サントラを何百回聴いても飽きることなどなく、いつか日本でみれないものかとあきらめつつありましたが、なんと2020年は生で舞台を通して聴ける幸せ…!!

 

東京ディズニーシーのハロウィンでもニュースボーイズに扮したマックスが出てくるシーンで、このNewsiesの劇中歌King of New Yorkが使用されていましたね。

あの時も本当にうれしくて興奮しました…すごいうれしい。

 

特にニュースボーイズのアクロバティックなダンス、そして主役メンバーの素晴らしい歌声。日本公演がとても楽しみです。

www.youtube.com

ただ、主演がジャニーズの方ということで、チケットの獲得は困難が予想されます…なんてこった…

チケットの販売は2020年2月4日~2月7日で先行抽選、2月22日から一般販売が開始されます。

Twitterを見るとすでにジャニーズ枠でチケットは販売されているようですが、一般的に手に入るのはもう少し先になりそうですね。

ディズニー関連ミュージカル

ここからはディズニーミュージカルではないけれど、ディズニーにちょっぴり関連のある作品たちをご紹介します。

リトルショップオブホラーズ

www.tohostage.com

リトルマーメイド、アラジン、美女と野獣と名曲の数々を生み出した、ハワード・アシュマン&アラン・メンケンのコンビが音楽を担当したミュージカルです。

大本のオリジナル映画は1960年に公開され、それをもとにしたこのミュージカルが1982年に発表されました。その後1986年にこのミュージカル版をもとにした映画が製作されました。

 

この「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」は初演で大成功をおさめ、2人がディズニー作品の作詞・作曲を担当するきっかけにの一つになった作品といわれています。

 

今回は日本語版ということで、ハワード・アシュマンの天才的に美しい歌詞を堪能できないことは残念ですが、
ディズニーファンとしてもゆかりのある作品、しかもディズニー作品を作るようになる前のものということでとても見るのが楽しみです。

 

チケットの発売は先行先着販売が2019年12月15日10:00から。

この記事を読んでいる頃には買えると思いますので、いまから購入しましょう。

stage.toho-navi.com

天使にラブソングを

2019年12月に日本版が終わったと思ったら、2020年7月に来日公演が始まります。最高、ありがとう。

何度だってでてきます、私の大好きな作曲家、アラン・メンケン

この作品でも音楽を担当します。

映画の曲は使用されませんが、音楽はどれをとっても大変素晴らしいものです。

 

見どころはもちろん、寄付金がたまっていくにつれて豪華になっていく教会!

そして「The Life I Never Led」と「Sister Act」はアラン・メンケンの真骨頂ともいえるI wishソングになっており、ディズニーミュージカルではないものの、ディズニーに通じるものを感じることができる作品になっています。

 

静かに見るものとされがちなミュージカルですが、こちらの作品は映画同様に明るく楽しいものになっているので、初めてミュージカルを見る方もアラジンと同じように楽しく見やすいと思います。

来日公演なので全編英語ですが、しっかり字幕はつきますし、言葉がわからなくても楽しい雰囲気はわかるので、あまり心配しなくても大丈夫です!

チケットの発売は未定。定期的にTwitter等をチェックしていきましょう。

アナスタシア

www.anastasia-japan2020.jp

Twitterのトレンドに載るたび、「どのアナスタシアですか?」になるアナスタシアにミュージカルが加わりました(?)。

2017年にミュージカル版が始まって、早い段階から日本にも来るといわれていましたが、いよいよ2020年3月から東急シアターオーブで始まります。

 

ディズニーが買収した20世紀Fox初のアニメーション映画「アナスタシア」を元に作成されたもので、いうなれば広義のディズニープリンセス作品ということですね。 

 

アニメーション版は帝政ロシアロマノフ王朝皇女アナスタシアが革命後も生きていたのではないか、というアナスタシア伝説をもとに製作された作品で、
記憶喪失の主人公アーニャが詐欺師のディミトリにアナスタシアとして仕立て上げられながら、自身の記憶と家族を取り戻そうとする物語です。

ちなみにアーニャのモデルはアンナという名前の方で、アナスタシアの愛称がアーニャというわけではないそうです。(アンナの愛称がアーニャ)

 

チケットはすでに発売中。
ダブル・トリプルキャストが多い作品になっているので、お好みのキャスト組み合わせを公式サイトで確認してから購入することをおすすめします

東京公演キャストスケジュール | ミュージカル「アナスタシア」 <オフィシャルHP>

 

とはいえすでに売り切れが出ている日もあるので、こちらからご購入をお急ぎください。

www.anastasia-japan2020.jp

 

舞台はいいぞ

舞台というものは、同じ作品でも見る日・時間によって、キャストそのものが違ったり、演技が違ったり、まったく同じ体験をすることはありません。

何度見たって同じになることは一度だってない、それこそが舞台の特徴にして最大の魅力だと、私は思っています。

 

また、特にディズニーのように元が映画になっているミュージカル作品の場合、映画とミュージカルで受ける印象が変わったり、映画には描写がなかった要素を見つけたりと、ミュージカル版を見ることによってオリジナルの魅力や新しいポイントに気付くきっかけになることもあります。

 

私のように大好きな作曲家が担当しているから、という理由でたくさんの舞台を見に行くもよし、
何かのきっかけで気になった俳優が出るから、という理由で1つの舞台を見るもよし、舞台にもパークと同じようにたくさんの楽しみ方があります。

 

せっかく豊作な2020年です、ぜひ舞台を体験してみてください!

そしてもし楽しかったら、チャンスを逃さずにどんどんチケットを取っていきましょう!

A席やB席になるととてもお手頃な価格で見ることができますからね。

 

ちなみにチケットを取る場合はたいてい数か月後のものを先払いで買うことになるので、見るころにはいくら払ったかなど忘れ去っており、ただで舞台を見た気分になれるのでとても気分がよくなります。

香港に行った

行ってきました!

目的は香港ディズニーランド


f:id:frozenheart084:20190412200528j:image

 

初めての海外で割とトラブルというか不測の事態だらけでしたが、意外になんとかなるもんでした!

 

ディズニーに興味があってもなくても、香港はわりと初心者向けな気がしますね

沖縄とか北海道の延長線上にある感じ?

電車で移動しましたが割と快適でしたし、そんなに迷うこともなかったです

日本のものが売ってるのを結構見かけるので、何かしら所持品を忘れててもリカバリやすかったです

 

ほんとにネットさえあればどうにかなる。

 

コンタクトレンズをなくしても、道に迷っても、よく分からないことになってもGoogle(と翻訳機的なあれ)さえあればどうにかなります

 

軽く英語が聴けて話せれば大丈夫でした!あんまり心配しなくてよかった!

結局ほとんどGoogle翻訳に頼ることは無かったです

物の名前とかなんて言うんだっけ…ってなった時に使うくらいだったので、辞書アプリとかでも大丈夫そう

ほんとうに英語はからっきしって人も最近は高性能な翻訳機出てるので、それに頼るといいと思います

 

せっかくなので旅行記書いてみよ〜

 

香港に行く

チケットを取りました、日帰りで

早朝便で行って深夜便で帰ってくる感じですね!

 

結構時間はないので、

・移動形式はあらかじめリサーチしておく

・空港でやりたいことは先に決めておく

 (パーク内は行き当たりばったりでもどうにかなるけど、他は時間配分を考えないといけないから)

・先にできることはやっておく

の方針で行こうと思います!

 

意外にあと1か月くらいしかないので、頑張らないと・・・

Win10環境でLinuxコマンドを使う

paypay20%キャッシュバック+ビックカメラポイント8%+福利厚生の上乗せ2%+Microsoftのキャッシュバックで14万のSurface Laptopを6万くらいで買いました。

これでいろいろはかどるよ!やったね!

 

というわけでいろいろセットアップ作業したんですが、もともとwalkmanに入ってたりスマホに入れていた音楽を取り込んだところ、いくつかmp4のものが…

mp4って動画じゃん!って思ったのですが、これには心当たりが。

Media Goで取り込んだ音楽はなぜかmp4になっている

これ。

Media Goというソニーのソフトで取り込みとかしてたんですが、なぜかmp4になる…

当時はそんなに気にしなかったんですよ、普通に聞けてたし。

でも今は違う…気になる…

cheapnaxx.com

この記事を参考にやろうとしたのですが、自分の音楽フォルダの階層が深すぎてそのまま使えなかったんですよ

一応私もSEのはしくれ、コマンド組み立ててやるかって思ったんですが、PowershellコマンドプロンプトLinuxに慣れてしまった私にはかなり難しく…

f:id:frozenheart084:20181208121910p:plain

構文エラーの嵐…

そこで思ったのです、Linuxコマンド使えたらいいのにな…と

BusyBoxというものがあるらしく、それで使えるようになるらしいです

qiita.com

いれた。

f:id:frozenheart084:20181208122224p:plain

544KBと軽め

実際使うとこんな感じ

f:id:frozenheart084:20181208122658p:plain

ちょっと面倒だけどパス通せばよさそう

いつも使ってるコマンドが使えるのは楽でいいですね!

しかも軽いので容量食わなくていい感じです

 

ちょっと偉くなったから

会社の偉い人が変わって、話す機会があった。忘れないようにしておきたいと思ったので書くことにしました。

 

最近自分もちょっとした役職に就いて(ほんとにちょっとしたものだけど)、「これでやりたいこと色々やれるな!」って意気込んでた(調子に乗ってたとも言う)。

 

で、いろいろ話を聞いて、立場には責任が伴うということを改めて考えてみた。

現場の人間と、管理する側の人間は明確なラインがあって、一緒に仕事してるわけじゃないから、物理的にも心理的にも距離があるのは仕方ない。でもそれをどうにか埋めるのが管理する側だし、中間管理職は橋渡しの役目を担ってることになる。だから私も同じように、なかなか見えない現場の状況を管理者側に報告すること、なかなか見えない管理の状況を現場に伝えることが役割、なんだと思う。

 

私はこれまでただの平社員だったからあれこれ言えたけど、立場が変わったらそういう訳にもいかない。権限があるということはつまり、文句言ってたことを自分で変えられるということで、それは最終的に「文句を言うならお前が変えろ」ということになる。

なるほど、これが権限と責任か、と思った。

 

私は割と文句を言うタイプだと思う。ああしてほしい、こうあるべきだ、本当にそれは正しいのか?と直上の人間に文句を言うことが多かった。本当に多かったと思う。今思うとめんどくせえやつ、もしくはうるさいやつだったと思う。私の下にそういうのがいたら正直大変だし。

多分見えないだけで、それぞれ頑張ってはくれてたんだと思う。結果として現れなければ意味は無いという話ではあるけど、それでも努力していないと断じるのは違うと思った。

自分は努力してるのに、してないといわれるのは凄いきついと思ったから。

 

ちょっとしたものとはいえ、役職についた以上は負うべき責任があるし、やるべき事がある。

社長じゃないから、権力的に出来ないことももちろんあるけど、できることをできる範囲で実行する責任がある。

文句を言うだけの立場ではなくなったことに自覚を持っていなかった、それは反省すべきことだと思う。

 

つまり「忙しいからと言って職務を疎かにしてはいけない」という意見を言う時、自分もまた忙しさを理由には出来なくなった、ということになる。

私自身やりこなした上で、やるべきことをやれ、と言わないとそこに説得力はないし、聞き入れてくれることは無いんだと思う。

 

今まで以上に役割を自覚して、文句を言う前に自分を顧みる、文句を言う時に「どうしたら改善されるのか」「それを改善したところで意味はあるのか」を考える、というところを意識したいと思いました。

 

あとやっぱ間違えたり悪いことした時に謝れるかって大事だよね、やっぱり。